【顧客満足向上の鍵】第一印象を高める方法

スキルアップ
2024.04.19
143 Views
アパレル販売員は、店舗の代表として常にブランドのイメージを背負っています。接客をする上で、お客様へ良い第一印象を残すことはとても重要です。今回は、より良い第一印象を与えるためのポイントに焦点を当て、普段の接客に活かす方法を紹介します。

事前の印象を損なうことは避けよう

"第一印象"という言葉を聞くと、相手と初めて会った瞬間の印象を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、直接会う前の印象を損なうことも避けなければなりません。

電話での問い合わせには親切な声で対応し、来店予定時刻の前には店内を整え準備しておくことなど、お客様に対して誠実な印象を与えるよう心がけましょう。なぜなら、直接会う前に悪い印象を与えてしまうと、「今の印象は良いけれども、本当は雑な人なのではないか」と思われてしまい、第一印象の良さが裏目に出てしまうかもしれません。

第一印象の良さを最大限に発揮するためには、実際に会う前から気を抜かずに準備をしておくことが重要です。

短時間で相手の印象を決める際のポイント

第一印象は初めて会った瞬間から数秒で決まると言われています。その短時間の中で相手の印象を形成するには、主に視覚から得る情報が重要となります。特に、表情・身だしなみ・姿勢の3点には注意が必要です。

── 表情
話す際は相手の目をしっかり見て話し、口角を上げて笑顔を意識することが大切です。さらに、相手の話を聞く際の表情にも気をつけましょう。相手の話に合わせた表情や相槌を打つことで、相手に対する興味や理解を示すことができます。

── 身だしなみ
服装にシワがないか、髪型や清潔感にも配慮しましょう。自分自身で確認するだけでなく、第三者の意見を聞くことも有効です。

── 姿勢
猫背はだらしない印象を与えてしまいます。常に上から引っ張られているイメージで背筋を伸ばし、歩く際は肩甲骨を寄せたまま進む意識を持つことで、整った姿勢を自然に保つことができます。

長期的な関係の構築のために

しばしば見落とされがちなのは、第一印象を保ち、さらに深めることの重要性です。良い第一印象を持つことは不可欠ですが、その第一印象だけでは、競争の激しい市場で生き残るのは難しいかもしれません。
単に第一印象を良くするだけでなく、その後のサービスやコミュニケーションにも同じくらいの重点を置く必要があります。それが不十分だと、顧客離れに繋がってしまう恐れがあります。

常にお客様の期待を超えるようなサービスを提供し、顧客満足度を高めることで、自身の販売員としての成長へ繋げることができるのです。

第一印象は、接客以外でも重要な役割を果たす

相手に良い第一印象を与えることの重要性は、接客中に留まりません。新しい職場に行く時や初対面の人に出会う時など、自身のコミュニティにおいても非常に重要な役割を果たします。

そして全てに共通して大切なことは、第一印象を裏付けるような行動や態度を持つことです。常に相手に対して誠実で丁寧な対応を心がけ、自身の言動や態度を定期的に振り返り、長期的な関係を築くことを目指しましょう。