【初日を安心して迎えるために】入社前の過ごし方チェックリスト

スキルアップ
2024.04.09
246 Views
希望していたブランドの採用が決まった皆様、この度はおめでとうございます!
しかしながら、面接に対する準備は十分だったにも関わらず、入社までの間に余った時間を有効活用できていない…と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
将来必要となるスキルや知識は、事前に準備しておくことで、入社初日からスムーズなスタートを切ることができます。
ぜひこの記事を通じて、入社前に押さえておくべきポイントを確認してみてください。

持ち物の確認

入社初日には、ブランドとの契約手続きのために必要な持ち物が指定されることがあります。詳細は事前に通知されますが、早めに準備しておくことが重要です。

【契約時に必要な持ち物の例】
・給与振込先の通帳やキャッシュカード
・年金手帳
・印鑑
・書類が入るサイズのバッグ

日常的に使用しないものは、自宅の保管場所を事前に確認しておくと良いでしょう。

また、通勤費用が支給される場合、通勤日数に応じて通勤定期券の金額で支払われる可能性もあります。勤務先や支給金額を確認したら、早めに交通機関に申し込みましょう。通勤定期券は日時指定で購入が可能なので、勤務開始の当日でなくても購入することが出来ます。

ブランドの勉強

今後、自身がどういったブランドの一員として働くのか、再度勉強しましょう。

── 取り扱っている商品
定番のベストセラー商品から最新の新製品まで、幅広い商品を把握しましょう。また、新製品のリリース頻度を理解することも重要です。

── ブランドの企業理念
入社時の研修を理解しやすくし、将来の接客に役立つマインドを獲得するためにも、ブランドの企業理念を把握しましょう。

── スタッフの髪色やネイル
髪色やネイルに関する規定は事前に通知されますが、実際の販売員を見ておくことで具体的なスタッフ像が明確になり、入社当日に安心感を持つことができます。

情報収集は公式ウェブサイトだけでなく、ブランドによっては販売員がSNSを更新している場合もありますので、今後の仲間との働き方をより円滑にするためにも、そこまでリサーチしておくことが重要です。

休日を有効活用する

新たな仕事を始める前は、将来のシフトが未確定で休日の予定を立てにくいことがあります。たとえば、運転免許の更新や銀行手続きなどは、できるだけ早く済ませておくことが望ましいので、後回しにせずに取り組んでおきましょう。

さらに、入社後に効率的に仕事をこなすためには、友人との交流や美容院、マッサージなど、自分のリフレッシュのための時間を確保することも大切です。

メリハリをつけて働く為にも、入社前にやっておきたいことをリストアップし、スケジュールを組んでみると良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?
入社初日は誰もが緊張と不安を感じます。そのため、自分で準備できることは事前に行っておくことが重要です。一人前の販売員を目指す皆様が臨む新たな挑戦に、自信を持って第一歩を踏み出しましょう。